コツコツと進むのです(仮)

三歩進んでは二歩下がる私の日常

結果は散々

昨日の認定試験。結果から言えば惨敗。

期間は短かったけど、繰り返し何度か課題をやり直し、もしかしていける?と思った部分もあったのだけど、課題になかった問題が出たり(テキストにはもちろんあるのでしょう……)、どうしても思い出せなかったり、思い出せたと思った言葉は間違っていたり。

 

来年は再試験だなあ。結婚式に出席はできそうもないなあ(;_;)

 

 

まあ、とにかく試験が終わり、私、それなりに頑張ったよということで、久しぶりに本を購入。

f:id:zukiming:20171113222754j:plain

 

かしましめし(1) (FEEL COMICS)

かしましめし(1) (FEEL COMICS)

 

気になりつつ「阿吽」もまだ途中なので購入に至らなかったのだけど、書店で目に入ったら迷わず購入。

一度ざっと読みました。おいしく食べられること、幸せ。病気してからの楽しみの多くは食事になったもんなあ。つらいことあるけど、一緒に食事したら楽しい。

 

太宰治の辞書 (創元推理文庫)

太宰治の辞書 (創元推理文庫)

 

このシリーズをたぶん全部読んでいなくて、最後に読んだのもかなり昔だと思うので、すっかり忘れているけど。

私が珍しくジャケ買い(というのかな?)した本。「空飛ぶ馬」

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

 

この表紙に引かれて、かなり迷った上に買ったのだった。そして面白かった。

そのシリーズの最新巻かな。今年中に読めるといいな。

 

マンガと小説とを手にして、あとは笑えるのとか、楽しいのにしようと探した揚げ句、購入したのはこれ。

ぼくは猟師になった (新潮文庫)

ぼくは猟師になった (新潮文庫)

 

こういう内容に引かれます。

動物をさばくとか全然できないし、そんな場面を生で見るのはつらいけど、内澤旬子さんの 

飼い喰い――三匹の豚とわたし

飼い喰い――三匹の豚とわたし

 

などは好きで読みました。そんな感じで購入。

 

図書館で借りた本もまだ全部読めていないのだけど。

年末年始に読む本はたっぷりだな。

 

 

 

負けられん

試験勉強。

頭の中に入ったものはところてん式に押し出されていったり、何とか脳のどこかにぶらさがっていたり(脳に刺激を与えると振り落とされる)、要は全然覚えられません。

まあ、予想どおりですが。

 

来年もう一度試験のチャンスがあるから、不合格でも何とかなるかなあと思っていたのですが。

来年出席しようと思っていた結婚式と試験日が同じ日だと今日気付きました(;_;)

メモしていた日が違っていて、あらためて年間スケジュールで確認したら1週間ずれていた。何を見て書いたのだろう、私……。

なので、明日の試験に不合格なら、結婚式出席はあきらめます。

(兄弟なら参加するけど、ちょっと遠くのある親戚なので、それは致し方ない……。)

 

でも、両方欲張りたいから、何とか何とか明日は頑張る。

何かしら頭の片隅に用語をこすりつけておかねば(‥;)

 

 

遊びは終了

母が遠方より遊びに来ていたので、3泊4日、楽しく遊んできました。

歩数計の記録もまあまあ伸びて、心身ともによい感じ。

 

そして、今日と明日は試験勉強(@_@)

課題を見直しているけど、さっぱり覚えられず。まあこれは学生時代から変わらないこと。繰り返すしかありません。

 

疲れが出たのか、午後は久しぶりに昼寝をしてしまった(>_<)

今からと、明日1日、ひたすら書いて覚えるべし。

 

試験が終われば大きな行事は落ち着くので、通常営業に戻れるなあ。

 

ぎりぎりで

試験勉強に充てる時間が取れません。

もうぎりぎり、前々日と前日に課題を繰り返し解く。それしかありません。

その2日間は仕事しない、家事も最低限(←いつもか)。

 

その前に、来週は母が来るので、遊ぶ、語る。

まだ再治療の話は伝えていないのです。年末に実家に帰る予定だったけど、それをやめたのも伝えなくちゃ。

楽しみに遊びに来る母に言うのはつらいけど、仕方ないわ~。

 

来週末まで予定ぎっしり。ぎりぎり綱渡りが幾つか。

体調だけは崩せません。

 

 

 

ヒュ何とか

課題のやり直し開始。

さっぱり覚えていません。大丈夫かしらん、私。

 

さて、こんな記事。

www.asahi.com

ここに出てきたヒューリスティックなる言葉。

うん? 最近どこかでこの言葉を……

あ、勉強したときに出てきた ^^;

 

人が意思決定をしたり判断を下したりするときに、厳密に一歩一歩答えに迫るのではなく、経験知や直感で素早く「解」に到達する方法のこと

とサイトには書かれていました。

課題には

好き・嫌い、賛成・反対など、自分の態度を決定する際、人はあまり熟考しないで、時間が節約できたりする判断方法を取ることがある。この判断方法のこと

などと書かれていました。

若干ニュアンスが違うけど、サイトに書かれているように

ヒューリスティックな判断は間違える可能性がある」ということを常に自覚しておく必要があります

というところが大事なのかな。

 

これが試験に出たら、たぶん書ける……はず。