コツコツと進むのです(仮)

三歩進んでは二歩下がる私の日常

病気と健康

今日は「健康心理学」のテキストを読み始めました。

 

健康心理学とは何か、が最初の項。

 

病気と健康の区別は難しい。確かに。

 

私は病気が見つかり、手術や治療をしたけど、副作用などが軽かったせいもあり、治療期間中のほうが行動が活発でした。特に去年は、治療の合間に大阪まで行ったし。

その病気自体で苦しんだというのはほぼなく、手術や治療できつかったなあというものばかり。自覚症状がなかったから、元気に過ごしていました。お酒も飲んでいたし。

 

確かに私は病気なんだけど、健康な人以上に楽しんでいた。

私の場合はちょっと特殊かもしれないけど。区別って難しいねえ。

 

介護中の身内のことで、解決のヒントが見つかるかもしれないと感じたこの科目。

勉強が無駄にならないように真剣になるわ~。

 

 

 ↓テキスト

健康の心理学―心と身体の健康のために (ライブラリ 実践のための心理学)

健康の心理学―心と身体の健康のために (ライブラリ 実践のための心理学)

 

 

 今度の楽天市場のお買い物マラソンで買い求める予定。

健康心理学入門

健康心理学入門

  • 作者: ロバート・J.ギャッチェル,ディヴィド・S.クランツ,アンドリューバウム,Robert J. Gatchel,David S. Krantz,Andrew Baum,本明寛,間宮武
  • 出版社/メーカー: 金子書房
  • 発売日: 1992/10
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

  

健康心理学入門 (心理学エレメンタルズ)

健康心理学入門 (心理学エレメンタルズ)

 

 

健康心理学 (現代心理学シリーズ)

健康心理学 (現代心理学シリーズ)

 

 などなど。