読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コツコツと進むのです(仮)

三歩進んでは二歩下がる私の日常

先輩の助言

週末はスクーリングに行ってきた。今年度最後。

 

私は3年編入学なのだけど、卒業のみを目標(たいていの方は国家資格取得が目標)で、履修モデルそのままで登録した今年度は、1年生や2年生の科目がほとんどだった。

スクーリングでしか情報を得る機会がないのだけど、前2回は1年生から受講できる科目だったこともあり、私が話した方の多くが1年生で、勉強進んでいないなあぐらいの会話だった(そうじゃない方もいたけど)。

 

今回は2年生から受講できる科目だったので、私のような編入学生を除けば、2年生以上の方が受講しに来ているため、ほぼ先輩方。

私は3年生だけど1年生の新入生みたいなものなので、具体的に勉強どんな感じですか?と質問したり、受講した○○はこうだったよとか、そんなお話が聞けたのがよかった。

 

卒業だけが目標の私は、受講科目も少なく、のんびりしていてすみません……という気持ちが強かったのだけど、同じく3年次に編入学されたという4年生の方も国家資格は目標にしておらず、そのあたりは同じような気持ちになったそうだ。

実習に行かなくても取れる認定資格があり、その取得を目標にしているとのこと。

私もその資格を取ってみようかと、帰宅後に学習の手引きみたいなものを見ていたのだけど、スクーリングでの実習とか難しそう……。かなり履修科目を増やさないといけない。

そしてむっちゃ田舎だといううわさの本学でのスクーリングが行くだけで大変そう(笑)。

 

まあ、このあたりは、今年度の科目を修了してから考えようと思う、うん。

授業内容も含め、なかなか得ることの多かったスクーリングだったな。