コツコツと進むのです(仮)

三歩進んでは二歩下がる私の日常

結果は散々

昨日の認定試験。結果から言えば惨敗。

期間は短かったけど、繰り返し何度か課題をやり直し、もしかしていける?と思った部分もあったのだけど、課題になかった問題が出たり(テキストにはもちろんあるのでしょう……)、どうしても思い出せなかったり、思い出せたと思った言葉は間違っていたり。

 

来年は再試験だなあ。結婚式に出席はできそうもないなあ(;_;)

 

 

まあ、とにかく試験が終わり、私、それなりに頑張ったよということで、久しぶりに本を購入。

f:id:zukiming:20171113222754j:plain

 

かしましめし(1) (FEEL COMICS)

かしましめし(1) (FEEL COMICS)

 

気になりつつ「阿吽」もまだ途中なので購入に至らなかったのだけど、書店で目に入ったら迷わず購入。

一度ざっと読みました。おいしく食べられること、幸せ。病気してからの楽しみの多くは食事になったもんなあ。つらいことあるけど、一緒に食事したら楽しい。

 

太宰治の辞書 (創元推理文庫)

太宰治の辞書 (創元推理文庫)

 

このシリーズをたぶん全部読んでいなくて、最後に読んだのもかなり昔だと思うので、すっかり忘れているけど。

私が珍しくジャケ買い(というのかな?)した本。「空飛ぶ馬」

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

 

この表紙に引かれて、かなり迷った上に買ったのだった。そして面白かった。

そのシリーズの最新巻かな。今年中に読めるといいな。

 

マンガと小説とを手にして、あとは笑えるのとか、楽しいのにしようと探した揚げ句、購入したのはこれ。

ぼくは猟師になった (新潮文庫)

ぼくは猟師になった (新潮文庫)

 

こういう内容に引かれます。

動物をさばくとか全然できないし、そんな場面を生で見るのはつらいけど、内澤旬子さんの 

飼い喰い――三匹の豚とわたし

飼い喰い――三匹の豚とわたし

 

などは好きで読みました。そんな感じで購入。

 

図書館で借りた本もまだ全部読めていないのだけど。

年末年始に読む本はたっぷりだな。

 

 

 

ジレンマね

社会心理学

どうも頭に入っていかない。

 

何となくはわかるけど、社会的ジレンマのところ、頭悪すぎていまひとつ(-_-)

囚人のジレンマ選手権とか、研究者はたくさんいるようなので、わかる人にはたまらないのだろう……。

 

今は時間が取れない(まだまだ積ん読たくさん)けど、読んでみようリストに参考文献を記載しておきました。

社会的ジレンマ―「環境破壊」から「いじめ」まで (PHP新書)

社会的ジレンマ―「環境破壊」から「いじめ」まで (PHP新書)

 
信頼の構造: こころと社会の進化ゲーム

信頼の構造: こころと社会の進化ゲーム

 
社会的ジレンマの処方箋―都市・交通・環境問題のための心理学

社会的ジレンマの処方箋―都市・交通・環境問題のための心理学

 

(読める日が来るのかは謎)

(読む意気込みはある)

科捜研の女

長年見ているドラマ「科捜研の女」。

来週から始まるわ~。スペシャルドラマは日曜日に。

www.tv-asahi.co.jp

 

こういうドラマには監察医がつきもの。

今読んでいるのは「死体監察医 法医学事件ファイル」 

死体監察医 法医学事件ファイル (竹書房新書)

死体監察医 法医学事件ファイル (竹書房新書)

 

ドラマのようなことは本当にあるらしい。

監察医がこれは他殺だとか判定するのか。

もの言わぬ被害者の無念を晴らす…。

大事な仕事。

 

 

あれこれと

それぞれちょっとずつではあるけれど。

テキスト読んで、仕事して、ウォーキング(散歩?)して、ドラマ見てと、やりたいこと、やらねばいかんことを少しずつ進めていく日々。

 

これに2年越しぐらいの帽子と靴下を編み上げて完成させたい17年・冬の目標(たぶんまた年を越す)。

 

この靴下を片方だけ編んで(笑)、もう2年か(編み物が得意なわけではありません)。

ベルンド・ケストラーのスパイラルソックス まっすぐ編むだけでフィットする

ベルンド・ケストラーのスパイラルソックス まっすぐ編むだけでフィットする

 

 

編み物は好きだけど、いつも完成しない(それを編み物と言うのか?)。

なので、毛糸は買わない!としていたのだけど、上記で紹介の毛糸がかわいい。で、ちょっとお高いので、絶対に無駄にはしないぜ。

 

明日もコツコツ。あ、でも、明日は身内の通院付き添い(兼運転手)。

待ち時間に読書して積ん読解消も進めるぞ。

 

 

やるのみだ

試験まで1カ月半ぐらい。その前に課題の合否も気になるところ。

(学習はあいかわらず進まず)

 

卒業したら(できたら)やりたいことがちょっと出てきたのだけど、とにもかくにも元気でなければどうしようもないことで。

 

食欲もあるし、酒も飲んじゃうし、楽しく過ごせていますが、定期検診にて怪しい採血結果の数値。

様子見としか言いようがないんですけどね。

 

健康であっても、そうじゃなくても、やりたいことをやるのみです。

ホントよ。

 

そんな検診の待合時間に、やっと読み始める。「服従の心理」

服従の心理 (河出文庫)

服従の心理 (河出文庫)

 

心理学のテキストなどで何度も出てくる実験。

面白いと先生が言っていたように思うのだけど、今のところ頭になじまない(^_^;)

まあ、小説やエッセイじゃないしな。